ポールスミス

2011年SSプレタコレクションの「ポール・スミス」(レディス)

2011年春夏シーズンの「ポール・スミス」(レディス)は、ブランドの原点に立ち返ったコレクションとなりました。 コレクションではモデルさんのヘアは全員、マニッシュなアップスタイルで揃えて、全体の印象を統一させていました。 トラウザー以外のスカートコーディネイトもあるのですが、とにかくマニッシュなコレクションです。 構成としてはメンズシャツを軸にしたものと、フローラルプリントで透け感のあるシャツ〜ジャケットを中心にまとめてあるもの、ワイドトラウザーとコットンミックスのプルオーバーで、全体的にボリューム感のあるコーディネイト、コットンロングスリーブのオールインワンを複数のベルトでウエストシェイプさせたもの…全体的にはこうしたコーディネイトが構成されています。 面白いと思ったのはトラウザーの裾にドットのモチーフをのぞかせたもので、フランス人アーティスト、アンリ・カディウの代表的な絵画にインスパイアされてこのドットモチーフが誕生したようです。 それと足元をみるとブローグシューズ、つまりメンズのウイングチップのアレンジバージョンが多用されています。今年のポールスミスはメンズもレディスも足元に徹底的にウイングチップ(ブローグ)が使われていますが、ポールスミス自身この靴に相当思い入れがあってのことと思われます。 なおカラーリングは全体的にシックで、チャコール、カーキ、チョコレートなどがベースとなり、イエロー、タンやパープル、グリーンなどの差し色がよく映えています。