ポールスミス

一度は利用してみたインディビジュアルオーダー

インディビジュアルオーダーはポール・スミス コレクションに併設されている併設されている注文服(パターンオーダー)のラインです。 ポールスミスは1998年ロンドンの高級住宅街ノッティングヒルに、念願であった邸宅を改装しビスポーク(注文服)のアトリエを併設した旗艦店「ウエストボーンハウス」を開店していますが、日本限定のラインとなるポール・スミス コレクションの「Bespoke Service」がこのインディビジュアルオーダーというわけです(ポール・スミス コレクションの出店数が意外に少ないのは、インディビジュアルオーダーの併設の関係で難しい部分があるのかも知れませんね)。 デザイナーであるポール・スミスの信念に「服とは着られるものでなく、着る人の個性を映し出すものであるべき。」という考えがあるわけですが、日本での主軸ブランド店にはかならずインディビジュアルオーダーを併設したいという思いがポールスミス自身にあるのでしょう。 インディビジュアルオーダーでは、英国やイタリア産のポール・スミス コレクション独自のユニークな生地コレクションより、表地を選んでいくことからオーダーがはじまります。もちろん生地以外の、トリミング装飾もポールスミスならではの芝らしい材料が選べます。 ポールスミスファンなら一度は手にしてみたいのが、このインディビジュアルオーダーでのスーツはないでしょうか。機会があればポール・スミス コレクションに足を運んで相談してみてください。