ポールスミス

ラペルの大きさが目立つポール・スミス コレクション

ポール・スミス コレクションは、日本限定のプレステージラインで「ハイクオリティ」「ハンドメイドフィーリング」「アーティスティックフィーリング」の3つのコンセプトを体現するラグジュアリーなメンズラインです。日本のポールスミスファンの多くがこのポール・スミス コレクションに心酔していると言っても良いでしょう。 2011年春夏のポール・スミス・コレクションは、カリブに移り住んで優雅で贅沢な時を過ごすイギリス人のリラックスしたカジュアルウェアがひとつあり、もうひとつは英国に降り立ったカリブからの移民たちのエキセントリックなテーラードスタイル表現するなど、異なる文化の融合をカラフルでオリジナリティ溢れるコレクションとして置き替えて見せています。 簡単に言ってしまうと、とてもクラシカルなヨーロピアンテーラードという感じだと思いますが、インナーに来るシャツとタイがとにかくおしゃれで、特にタイに関しては大柄なプリントタイが目につきます。それと全体的にジャケットのラペルが大ぶりでゆったりとしています。ポールスミス自身、着こなしのアドバイスのなかでラペルを大きくすると上半身のフォルムがスリムに見えると話していましたが、ここに見られるジャケットならその効果はあるかも知れません。 またアウターアイテムも充実していて、洗い加工のミリタリージャケット風のアウターは中にTシャツだけでも十分おしゃれな着こなしになりそうです(コレクションのコーディネイトでは、割と重ね着をしていますが)。 人気の高いポール・スミス コレクションですが、扱っているところが少ないんですよね。近くで見られるお店がある方は、ぜひ実物のアイテムも確認しておくと良いでしょう。