ポールスミス

3つの顔に分かれたPS ポール・スミス

PS ポール・スミスはカジュアルウェアを中心としたメンズラインです。2011年春夏のPS ポール・スミスは特定テーマを設定することをやめて、3つのカテゴリ(モノクローム、ニュートラル、カラー)を自由に提案しています。 「モノクローム」では、その名のとおり黒、グレー、クリームを中心カラーに据えて、全体としては、シックカジュアルとでも言うべき落ち着いたトーンのポールスミスカジュアルを提案しています。 アイテムコーディネイトとしては、軽めのジャケットにプリントカットソー、ファインゲージニットにドローストリングス・トラウザースや、包みボタンを施したフォーマルジャケットなどを中心に組み合わせていきます。 「ニュートラル」は、カラーは、基本にカーキ、グレー、ネイビーを据えて、スカイ・コバルトブルーをアクセントに加えたナチュラル感とシックさを共存させた、趣味の良いコーディネイトを楽しめます。ニュートラルではジャケット絡みのコーディネイトもありますが、洗いを施したリネンのシャツが非常に目を惹きます。胸に大きめなパッチポケットがついていて、シンプルに一枚で着てこそ、このシャツの良さが引き立つ感じです。このシャツは今回のPS ポール・スミスの中でも、注目しておきたいアイテムと言えるでしょう。 3つ目の「カラー」は、前のふたつに比べてより夏らしいコレクションとなっていて、夏らしいかすりボーダーのカットソー、ハワイアンフローラルのプリントシャツのほか、イギリスの伝統的なアーガイル柄やドット柄を、ストロングカラーやペイルカラーで表現したプルオーバーなどが中心的なアイテムとなっていますが、アウターアイテムもラインナップされていて、洗いを施したレザーやポリエステルのモーターサイクルジャケット、モッズパーカーが、個性的なインナーアイテムをより一層引き立てていきます。 PS ポール・スミスはカジュアルウェアと言ってもジーンニング系ではありません。まわりと違ったシックな普段着を追求したい方におすすめのラインと言えるでしょう。